サピックスのテキストの習慣化〜1週間の過ごし方

「まだあるのー?」「えっ、終わりじゃないの?」


本当は、自分自身で何をやるか決めて、決めたことは必ず実施できる!という風になればいいのですが、その領域にはまだまだ遠い感じです。


わが家は自分か妻が毎日、なんとなく、「今日これとこれとあれをやらないと、来週までに宿題間に合わないね」とか言いながら、やることを課して行くのですが、その日の始めのうちは息子もがんばる(場合もある)ものの、次から次に永遠と課される課題に途中からマジ嫌々モードになってしまいます。


これはまずいってのは、ずっと前から分かっており、日によってはやることを一覧にして渡すのですが、1週間全体を見据えて、配分として本当に適切なのか分からないものを与えてしまい、逆に多すぎてやる気を削いだりしてしまいます。それも親の忙しさが増すとメモを作ることもできなくなり、また口頭指示になってしまいます。


ずっと、頭の中で構想はしていたのですが、この週末でやっと形になりそうです。


各教科で1週間で出てくる宿題というのは、ほぼほぼ同じボリュームですが、それを1日でやろうとすると、その他の教科は着手できません。


そこで、やることを各教科ごとに細分化してみて、細分化したものをそれぞれ何曜日かに当てはめていくという作業をしてみました。

細分化したものそれぞれのやる曜日を固定するということです。


こんなことは皆さんすでにできていて、改まって聞く必要もないのだと思いますが、わが家は恥ずかしながらそのレベルからなのです。


エクセルで作っていてもうすぐできます。

やることリストの一番上には◯月◯日としておき、曜日はちゃんと出力されるようになっています。日付だけその日用に書き込めばいいのです。


前日の夜に、次の日の曜日の分を印刷しておき、過不足分を手書きで微修正すれば、翌日のやることリストがすぐに完成します。


1週間分を横に並べて一気に見れるように作ったので、PC上だとやれてないことを俯瞰して見ることもできます。でも出力は、曜日ごと、計7枚で出てくるようになっています。

慣れてくれば、リストを見なくても、息子が今日は月曜日だからアレとアレとあれだなと、やることを覚えてくれるのだと思います。


もうちょっとでできるので、このブログでも是非公開しようかと考えています。


これを機に、α目指して階段を駆け上がっていきたいです。