開成中学校平成29年度算数に着手!!

ついに着手しました。

まずは一応中学校レベルまでは大得意だった算数の平成29年度の問題の1。

18分かかりました。全問解いたときに時間内に終わるのかも楽しみです。

答えはなんとか正解でした。(ふぅ~^_^;)

f:id:Marchisio8:20171125071435j:plain

 

(1)は 35/3×(☐×1.4 + ☐÷1/2 +20)÷ 7/60 = 2017

 

分数が混じっていない問題は3年生の息子のサピックスにも以前出てきたような

気がします。その時は、2段階で解くように教えました。

 

まずは(カッコ)全体を大きな◇と置き換えて

① 35/3× ◇ ÷ 7/60 = 2017

の問題として解く。

◇を出したら、

② ◇ = ☐×1.4 + ☐÷1/2 +20

を解く。

 

という風に。

 

(2)は問題集についていた解説とはかなり違った解き方で解いていました。

問題集の解説では2017の中に2、3、4の最小公倍数(12)がいくつあるかを出して、

=168個

1つの周期の中に「2の倍数で3でも4でも割り切れない数」は2個ずつあるので

2×168=336

という風に出していました。

私は弁図の考え方で解いてみましたが、小学生で弁図は習うのかは本屋さんで

調べようと思います。

私個人としては、解説のように言葉を連ねて頭で分かろうとしても混乱してミス

する気がするので、なるべく絵や図を用いた方が理解できると思っておりますが。

 

「小学生で習った範囲で解く」というのが、このチャレンジロードの課題になりそうです。

 

あとは言葉を言い換えて、なるべく分かりやすくしていくというのも提案できるかなと

思います。

 

たとえば「2の倍数で3でも4でも割り切れない数」

→「2の倍数であるが3の倍数でも4の倍数でもない数」

or「2では割り切れるがで3でも4でも割り切れない数」

 

私としては、わざわざ2つの言い方をするよりはどちらかの言い方に統一した方が

混乱しないと思うのですがどうでしょうか。試験問題をそのまま飲み込むよりも

自分が一番理解できる言い方に置き換えられれば、ぐっと簡単になる気がするのです。

これも息子たちにとってどちらが分かりやすいか様子を見ながら一緒に考えていきたい

と思います。